転職エージェント比較 口コミ評判が良いお勧め転職サイト

MENU

転職エージェント比較 口コミ評判が良いお勧め転職サイト

 転職エージェント比較 口コミ評判が良いお勧め転職サイトでは、転職や求人情報をお探しの方に、口コミ・評判が良いお勧めの転職エージェント・転職サイトをご紹介しています。

 

 転職エージェントは多数ありますが、転職エージェントの選び方次第では、それぞれの会社の得意分野・サポート力が異なりますので、入社する会社や就職・転職の合否結果も異なってくるといっても過言ではありません。転職エージェントをお探しの方は是非参考にしてみてください。

 

 

転職エージェント・転職サイト人気ランキング

 

リクルートエージェントの特徴

リクルートグループが運営する総合転職サービスで一般職種からWEB関連まで多くの求人情報を保有している。非公開求人案件は10万件以上と業界トップの求人数を誇っています。専任のエージェントも優秀でサービス品質も非常に高いレベルです。転職希望者の要望からピッタリな転職先を探してくれます。利用者の評判もよく転職エージェントNo1の実績を誇っています。

【求人例】
MR・メディカル全般/経理・企画・マーケティング職/管理・事務職/物流・購買・店舗開発職/金融専門職/不動産専門職/IT・WEBエンジニア関連/クリエイティブ職/マネージャー・リーダー職/第二新卒転職/外資系・グローバル転職/U・Iターン転職 等

JAC Recruitmentの特徴

高待遇・高給与の求人案件を扱うハイクラス総合転職サービスです。キャリアを積んでより大きな仕事をしたい、より高給与の企業へ転職したい、外資系企業へ転職したい、会社の中でも高い地位での転職を希望しているといった方にお勧めの転職サービスです。

【求人例】
営業統括部長:年収1000万円/事業開発部長:年収2000万円/営業マネージャー候補:年収700万円/経理財務部長:年収1600万円 等

パソナキャリアの特徴

幅広い職種を扱う総合型の転職サービスで一般事務・営業からIT関連職種まで2万件以上の求人情報を保有。女性の転職案件も豊富に揃えており、キャリアアップを目指す女性にも人気です。

マイナビエージェント

マイナビAGENTの特徴

CMでもお馴染みのマイナビ転職支援サービスです。全国の大手上場企業からベンチャー企業まで取り扱っています。営業職、IT技術職、機械・電気系技術職、医療、販売・サービス、クリエイティブ職、金融系など幅広い職種に対応しています。専門のキャリアエージェントが親身になって転職を応援してくれます。

@agent(アットエージェント)の特徴

IT分野でフリーランスで活躍したい方向けのお仕事紹介です。今やフリーで仕事を請け負い起業している方はとても増えています。報酬も会社に属しているより高単価となっています。技術や仕事に自信がある方は向いています!

【お仕事例】
ソーシャルゲームマネジメント、WEB制作関連、システム開発、インフラ環境構築作業、スマートフォン向けゲーム開発などIT分野のお仕事が満載!

 

 

転職希望者必見!転職にまつわる実態調査

後悔しない転職活動のために転職方法を比較!「転職経験者に聞きました」

 

 キャリアアップを目指すことや、自分のやりたいことを見つける目的で転職される方が増えています。ただ、無職期間のブランクが長くなると再就職が難しくなりますし、収入の問題もあります。短期間かつスムーズに転職先を見つけるために、皆さんどういった手段を取っているのでしょうか。

 

 転職経験者100名を対象に、利用経験があるサービスやそのメリット・デメリットを伺いました。転職を考えた時にどのような行動を取ればいいのか、参考になるコメントが数多く寄せられました。

 

 

(質問事項) 転職の際に最も利用したサービスは?良かった点や反省点もお聞かせください。

 

転職の際に最も利用したサービスは?

 

◆「転職サイト」を選んだ人の声

  • 転職サイトは無料で利用でき、ハローワークより分かりやすく掲載されているので使い易かったです。(男性/44歳/群馬県)
  • 条件に合いそうな企業を一度に検索できる事、履歴書を手書きしなくてもネット上から応募できる事、以上2点は大変助かりました。(男性/51歳/三重県)
  • 残業で帰宅が遅いことが多かったので、時間を選ばずに探せる転職サイト中心になった。(男性/35歳/愛知県)

 

◆「転職エージェント」を選んだ人の声

  • エージェントの方が自分の希望等をよくきいてくれ、それにあった会社を選んでくれました。現在そこで働いています。(男性/44歳/茨城県)
  • どうしても東京の企業が多いので、地方都市に希望の場合は難しい。ただ、一流企業をはじめ、求人の裾野は広いので選択肢としては良いでしょう。(男性/49歳/京都府)
  • 自分の転職市場上での価値を客観的に教えてくれたので。(男性/35歳/愛知県)

 

◆「求人誌」を選んだ人の声

  • 求人誌で社員、派遣、バイトを問わずに幅広く仕事を探すことができたから。求人誌だと見つけたらすぐに自分で応募できるのがいい。(男性/36歳/大阪府)
  • 求人誌はその会社のいい点しか載せていないし過剰に書いているので、実際に入社したらだいぶ内情が違ったから後悔している(男性/35歳/福岡県)
  • 無料求人誌でコンビニ等に設置されているので簡単に取得できることが良い。(男性/33歳/沖縄県)
  • 掲載している会社の量や種類は豊富ですが、会社ごとの知りたい情報が少ないケースや、仕事内容など具体的な説明が無いなど問い合わせが必要なものも多かったと記憶しています。(男性/51歳/東京都)

 

◆「ハローワーク」を選んだ人の声

  • ハローワークに行くといつも職業を検索する人がいっぱいだったので待たせられることが多かった。(男性/52歳/島根県)
  • 良かった点は、求人件数は圧倒的に多かったことです。反省点(悪かった点)は、求人件数は多いものの求職内容にかたよりがあり、自分が探していた職種の就職活動がスムーズにいきませんでした。(男性/31歳/広島県)
  • ハローワークの良い点は、職員に相談することが出来るところです。不安なことがあれば訊ける、これはありがたい。反省点は、決断が遅すぎて仕事を逃したこと。(男性/33歳/東京都)

 

◆「友人知人の紹介」を選んだ人の声

  • 友達からの引き抜きで転職しました。大手だったこともあり、安心して転職ができた点は良かったです。(男性/33歳/京都府)
  • IT関連の仕事でしたので横の繋がりからそのまま再就職できました。(男性/34歳/愛知県)
  • 特殊な業界なので、求人情報があまりなかったから(男性/30歳/秋田県)

 

◆「その他」を選んだ人の声

  • 転職する際に、ハローワークや派遣会社などに通いましたが、派遣会社の担当者の方から紹介された会社に転職しました。たくさんの担当者の方にとてもお世話になり、ご指導いただきました。仕事についていろんな視点から勉強させていただきました。(男性/45歳/愛媛県)
  • 前職を退職後、職業訓練校に1年間通った。訓練を受けられるだけでなく学校側も企業から求人を募っているので、個人の経歴と訓練で習得できるものを併せてマッチングは悪くないと思う。(男性/41歳/神奈川県)
  • 自分の希望する転職先のサイトをこまめにチェックし続け、求人を出したタイミングで直接応募した。転職サイトや求人誌には全く掲載されていない求人のため、比較的容易に採用まで至ったと思います。(男性/39歳/静岡県)

 

 転職を考えた時に最初に利用したサービスは、ハローワークという回答が多く寄せられました。ただし一長一短で、豊富な求人数に対して職種に偏りがある、利用者が多く待ち時間がかかってしまうというデメリットもあることが分かりました。特殊な職種やIT関連企業への転職の場合は、同業者である友人・知人の紹介で転職を成功させるケースも目立ちます。

 

 求人誌や、転職サイトを活用して、空き時間を有効に利用しながら水面下で転職先を探すケースは、退職後即再就職を目指す方に多い手段です。また、職業訓練校に入校して技術を学ぶ方も見られました。

 

 転職エージェントはキャリアアドバイザーが親身になってカウンセリングを施してくれますが、専門的な職種を対象にしていることが多く、キャリアがある程度高くないと利用が難しいと感じる方も。皆さんはどの方向から転職アプローチを始めますか?

 

 

20代女性のリアルボイス!!「非正規雇用の男性との結婚、あり?なし?」〜婚活するより転職エージェントのススメ〜

 

 付き合っている彼がフリーターや派遣社員として不安定な毎日を送っているという話は様々な場面で聞かれますが、これが結婚となるとどうでしょうか。

 

 これから結婚を考えている女性100名を対象に、結婚相手がフリーターや派遣社員というのはありか?という質問を投げかけてみました。その答えとして、女性ならではの様々な考え方とコメントが寄せられました。女性は愛と堅実な生活のどちらを優先させるのか、気になるコメントと一緒にご覧ください。

 

(質問事項) フリーターや派遣の男性との結婚は考えられますか?

 

フリーターや派遣の男性との結婚は考えられますか?

 

◆「考えられる」を選んだ人の声

  • 今付き合っている男性がフリーターでも、十分結婚は考えられるから。相手がフリーターでも自分が稼げば問題ないから。(女性/21歳/新潟県)
  • 働く意思があるかどうかが問題なので、退職金が無いなどのデメリットは、お互いに助け合う事でカバーしていけるから。(女性/22歳/福岡県)
  • 雇用形態は問いません。その職業に誇りを持ってたりするなら良いと思います。収入が少ないなら、女性の方が稼げばいいと思うので、問題ありません。(女性/28歳/大阪府)
  • 正社員だと安泰は考えられるけど、実際のところ(正社員と非正規雇用者を比較しても)給料に大差ないときがあるので、専業主婦にならなくても良いなら考えられる。(女性/27歳/群馬県)

 

◆「考えられない」を選んだ人の声

  • 収入が安定しないと子育ても考えられないから(女性/23歳/京都府)
  • 将来的に子どもができたり、お金が必要になることは多いと思うので、経済的不安がある相手と結婚はできない。(女性/28歳/東京都)
  • 安定感がないと不安を感じるし、家族や友人にも受け入れて貰いにくい。(女性/28歳/兵庫県)
  • 一緒に居て安心できない。不安な思いをしながらの生活は喧嘩が絶えなくなる。(女性/20歳/兵庫県)

 

◆「理由による」を選んだ人の声

  • すぐに離職する、遊んでいるなどではなく、勤勉に勤めているのであれば良いと思うから(女性/25歳/宮城県)
  • 私の彼はバンドマンでフリーターでした。しかし真面目に働いていたので気持ち次第だと思います。(女性/24歳/大阪府)
  • フリーターや派遣でも正職員になることを希望して従事している人ならばいっしょに頑張っていけるのではないでしょうか。(女性/29歳/北海道)
  • 難関資格を目指しているなど高い目標があり、私自身も好きな相手であれば叶うまで支えてあげてもいい。(女性/24歳/愛知県)

 

 女性は「結婚に対して夢見がち」と言われていますが、実はかなり現実的であることが回答から浮き彫りに。フリーターや派遣社員の彼との結婚に対して、割と寛容的な考えを持っている方が多く見られました。その一方で「家族や友人の目」が気になるから考えられない、一緒にいて安心できないという負の印象を感じる方も。

 

 完全に否定的な考えを持っている方は4割。結婚も考えられると答えた方は、「理由にもよる」という回答を含め6割近くにものぼりました。男性の雇用形態に対し共感できる理由があり、女性にもそれなりの経済力があれば結婚もあり、という女性は多いのですね。

 

 子どもが生まれた後の生活に不安を感じる女性は結婚に否定的な考えを持ち、今の仕事が安定している女性は「私が働けば問題ない」と考えていることも分かりました。男性はこの結果に甘んじることなく、転職等を考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

転職エージェント・転職サイトを利用していざ転職!!

無料の転職支援サービスその仕組みとは

 

求人を探す時に便利な転職エージェント・転職サイト

 

 求人情報を集めるのはとても大変で、更に自分に合った物を探すとなるとかかる手間も増えてしまいます。そういった時に便利で人気が高いのが転職エージェントというサービスです。プロの方がアドバイスをしてくれたり、サービス利用者の希望する条件に合うような厳選した求人情報を紹介してくれます。

 

 このおかげで、求人情報探しや比較が苦手な方や、転職に中々成功出来ない方でも、高確率で良い職場に転職をする事が出来るようになります。自分に合った職場であればストレスも溜まりにくくなり、仕事自体も続けやすくなります。

 

無料で利用出来る転職エージェントの仕組み

 

 転職エージェントは便利なサービスですが、無料で利用する事が出来る場合が殆どです。何故便利なサービスなのに無料で利用できるのかというと、求人募集側の企業が転職エージェント側にそのサービスの元となる費用を負担しているからです。

 

 このおかげで、利用者は一切料金がかからず無料で豊富な求人情報を得ることができたり、手厚いサービスを受けることができます。求人の募集を行っている企業も有力な人材を必要としています。まさに、これから転職しようとしている利用者、転職エージェント、求人募集元の企業それぞれにメリットがある仕組みです。

 

 

転職エージェントに登録すべき理由

 

転職エージェントのメリット

 

 自分に合った求人情報を集める、探すのには手間と時間がかかりますが、その点転職エージェントは便利です。登録をすると、便利なサービスを利用する事が出来ます。

 

 専門のプロの方と協力をして自分に合った仕事場を見つける事が出来るようになり、プロの方は相談する方にあった求人情報を紹介してくれるので、求人情報選びが苦手な方にとってはメリットが大きいサービスです。

 

 会員登録自体は無料でする事が出来るようになっており、勿論サービスを利用しても費用等が発生する事はないので、最後までデメリット無しで利用して頂けます。

 

転職エージェントは非公開求人も用意しています

 

 転職エージェントは、様々な事情で公開する事が出来ない、非公開求人と呼ばれる情報も用意している為、求人情報誌をチェックしても自分に合った仕事場を見つける事が出来ない、とお悩みの方でも、自分に合った求人情報を見つけられる可能性が高くなります。

 

 転職自体が中々成功出来ないという方でも、転職エージェントは推薦状も用意してくれるので、就職出来る確率がかなり高くなります。良い仕事場を見つけられなかった場合に、サービスを利用する事をやめても手数料が取られる事は無いので、安心してサービスを利用して頂けます。

 

 

転職エージェントの使い方と流れ

 

転職エージェントの使い方

 

 転職エージェントは非公開求人を紹介してくれるだけでなく、転職についていろいろとアドビスなどのサポートをしてくれます。それで使い方として希望求人を探してもらいます。希望求人を探してもらって、そこに就職できるようにアドバイスやサポートをしてもらいます。

 

 さらに求人先と面接の日時の調整や条件交渉を代わりにやってもらいます。面接終了後に内定を貰って、断ることにした場合は断りの連絡もしてもらいます。転職エージェントは企業とのやり取りをすべてしてくれますので、面倒なやり取りはすべてやってもらいます。

 

転職エージェント利用の流れ

 

 転職エージェントを利用する時は、まずキャリアコンサルタントと面談をします。面談ですぐに転職希望なら、その場で企業を紹介してもらいます。面談を受けてまず転職に向けてのアドバイスをいろいろしてもらいます。

 

 そして希望の求人に応募をしてもらい、書類審査が通過したら、面接を設定してもらいます。企業と面接を終了後、内定を貰えれば、入社の日時の都合などを企業に伝えてもらいます。内定が取れなかったら、どこが問題だったか聞いて次の面接に生かします。このようにサポートをしてもらいながら転職活動を進めていきます。

 

 

転職成功の秘訣

リストラやクビ、転職理由をポジティブに変換しよう

 会社を辞めざるを得なくなった場合について、「クビにされる」と表現することはあるでしょう。つまり、解雇になった場合ですが、リストラクチャリング(会社の事業再編)という不可抗力的な事情に基づいて且つ退職せざるを得なくなった人に何の落ち度も無い場合は、転職する際に面接ではその旨を事前に求人側に伝えた方が良いでしょう。

 

 やむをえない事情が在る場合、転職する会社の選考においては否定的な印象を求人者に与えることはあまり無いとされています。ハローワーク等で離職理由がやむを得ない場合に因るものという証明書を、必要に応じて面談時に見せることも大事でしょう。

 

 クビという言葉ですが、これは労働者を解雇する際に使用者が懲罰的な意味を込めて使う表現とされています。会社を辞めさせられる場合において、その労働者が会社に対して損害を負わせた若しくはそれに準じる悪意の行為をしたことが原因での解雇は懲戒解雇となり、転職をする場合で正社員となるときは身辺調査等をされることになり、その事実は消すことはできないとされています。

 

 懲戒解雇となった場合、転職の対象となるのはアルバイトや派遣社員となることが非常に多いでしょう。離職の理由が解雇の場合、社会的に好ましいのは「会社のやむを得ない都合」となります。そういう場合であれば、正社員の転職であっても面接ではポジティブに受け入れられることが多いです。

 

 

再就職までのブランク、ハンディになるのはどれくらい?

 転職をする際には、ブランクはなるべく短い方が有利です。特に状況がめまぐるしく変わるような業界では、必要とされる知識やスキルも変わっていきますので、それに対応していないといくら経験者でも厳しくなります。そのため、長い間仕事をしていなかった人が急に再就職をしようと思っても、なかなか思うように進まないケースがほとんどです。

 

 再就職を目指している場合には、あらかじめ準備期間を設けて色々な情報を集めておくことが大切です。もし足りない部分があれば自分なりに学んでおくと、業務への姿勢として評価されます。

 

 再就職するまでの間はなるべく短い方が良いのですが、特殊な知識やスキルを必要とする仕事では多少ブランクが空いていても重宝されます。その仕事をこなせる人材が不足している場合はなおさらで、たとえ5年程度空いてしまっても再就職が可能です。

 

 逆に誰でも行えるような仕事では他との差を生みだすことができませんので、2年くらい空いてしまうと、何か強いアピール部分でもない限りは難しくなります。途中で仕事をしていなかった理由にもよりますが、ただ何となくという場合には転職活動が厳しくなることが予想されます。

 

 

応募前から始まっている!?好印象を与える電話・メール

 転職活動をするにあたり、応募の連絡などをすることは一般的なことですが、問い合わせをメインとした連絡を長々とするのは好ましいことではありません。とは言え、細かなことで気になる大事な部分がある場合には、きちんと確認をしながら進めて行きたいと考えることもあるでしょう。

 

 その際には、先方に負担をかけさせないためにも、ポイントを絞った簡潔な質問の仕方を心がけることが大切です。仕事内容の不明点や応募資格の細かな点、勤務地の調整など、応募を前向きに捉えているが細かな点が気になっている、と言ったスタンスで話すようにします。なお、くれぐれも募集広告に記載されていることは訊かないようにしましょう。

 

 先方に問合せをする方法には、電話の他にメールでする方法がありますが、その際には、在職中の企業のドメインネームのアドレスは使用せず、個人のアドレスを使用することが大切です。それが難しい場合には、ネットで取得できるフリーメールでも問題はないでしょう。なお、当然ですが、顔文字を使用するのは厳禁です。

 

 初対面で、しかもビジネスの場で、友達同士のような感覚で話をして行くと言うのは失礼にあたり、常識を疑われます。また、基本的な考え方は電話と同じで、ダラダラと長文を入力せず、要点を押さえて箇条書きのように書くなど、簡潔な文章作成をすることが大切です。

 

 

ブランク理由を魅力的に伝えるコツ

 転職活動をしていると、次第に企業がどの様な人材を求めているのかがわかるようになってきます。基本的には長く続くような人であったり、即戦力になるような人ですが、更に細かく言うならば気力が充実している人、やる気に満ち溢れている人、根性のある人、協調性がある人、そして自社で必要な資格を有している人です。

 

 それさえクリアしていれば、多少のブランクがあったとしても然程問題ではありません。勿論面接でその理由などを聞かれるでしょうから、それに対する明確な答え、それも好印象を与えるようなものを用意しておきましょう。

 

 ではどのような答えが好印象を与えやすいのかというと、その答えは先述した企業が求める人材にあります。正直なところ、気力ややる気、根性や協調性というのは大人になってからどうにかしようとしても難しいですが、資格や免許といったものは幾つになっても取得することが可能です。

 

 そういった資格や免許を取得する為にブランクの期間を利用することで、やる気があるというところを見せることが出来ますし、同時に必要な資格などを得ることが出来ます。いわゆる自己啓発に集中していた、次の仕事では成功したい為に勉強していたなど、転職をする際の面接ではそのように受け答えすると好印象を与えることが出来ます。

 

 

うろたえるな!意地悪な質問への対処法

 転職活動中の面接で、もし意地悪と感じるような質問が来た時には、決してうろたえず、スムーズに回答して行けるようにすることが大切です。例えば、転職の多さを指摘されてしまったとします。職をよく変えている人と言うのは、採用してもすぐに辞めてしまうのではないかと思われてしまう恐れがあります。

 

 そういったことを思われないような答え方をすることが大切です。そのためには、飽きた、嫌になった、上手く行かなかった、肌に合わない、と言ったことではなく、自分の能力を発揮する場所を求めて、と言った感じの前向きな姿勢を見せることが大切なポイントとなります。

 

 面接でよくある質問に、仕事から仕事の間の期間が結構空いていることに関するものがあります。長期にわたるブランクがあると、仕事に対する意欲がない人だと思われてしまう恐れがあります。

 

 なぜこんなにブランク期間があるのか、と指摘されたら、仕事に対する充電期間であることをアピールできるようにすると良いものです。資格をとることに集中して過ごしていたことを伝えたり、どうしても自分の成長に必要だと思う活動を行っていたなど、決して怠けていたわけではなく、次の仕事を始めるための準備を前向きに行っていたことを伝えることが大切です。

 

 

諦めない!勝利の秘訣はモチベーションの維持

 転職活動を成功させるために必要なことは、単純に学歴や職歴だけではありません。その時の自分の気持ちがどれだけ積極的に動いているかと言うのも大切な要素です。具体的な積極性としては、目的意識をしっかりと持って、モチベーションを高めた状態で活動していくことが大切です。

 

 自分がどこをめざしているのか、と言ったことを明確にして、それに向かって動いて行くようにすれば、メリハリのある行動ができるようになりますし、面接などで先方と接する際にもアピールがしやすくなり、魅力を伝えやすくなるものです。

 

 転職活動をしてく際には、いかに高いモチベーションを維持していくかが重要になってくるわけですが、維持の仕方として有効なのが、スキルアップを意識した立ち回りです。

 

 何か新しい資格を取得する、と言うものでも良いですし、資格化されていないことでも、何か自分のために役に立つことを勉強したり、体験したりすることは成長につながりますから、転職活動中に役に立ってくれるものです。行動していく際のポイントになるキーワードとしては、積極性、向上心、順応性などが挙げられ、どれだけ良い流れに乗って行けるかが重要です。

 

 

転職活動する時の人には聞けない素朴な疑問

正社員経験がない人は職務経歴書不要?

 転職をする際に、今までアルバイトなど、フリーターとして働いていた人が正社員として働く場合に、職務経歴書の提出を求められた場合、どのように書いたら良いのか悩む人もいるでしょう。しかし、あまり深く考える必要はありません。基本的には正社員でなくても、職務経験があれば、純粋にそれを書けば問題ありません。

 

 ただし、先方は、その人の職務経験がどれだけ自分の会社に活用できるかということを気にしますので、それが上手く伝わるような書き方をする必要があります。転職先が、自分が今まで経験した仕事と似たような仕事であれば、アピールがしやすくなると言えます。

 

 転職先の職種が、自分の職務経験と似ている場合には、それを強調した書き方をすると効果的です。例えば、携わっていた業務について書き、即戦力として働くことができると言うアピールをするのです。実績があれば、それだけ説得力がありますから、効果的であると言えます。

 

 なお、もし転職先の仕事が今までの自分の職務経験とあまり関連性がない場合には、単に経歴として書くしかないとも考えられますが、接点があれば、上手く掘り下げて、こういった能力がこの部分に生かせると考えた、と言った形でアピールして行けると良いでしょう。

 

 

女性にとって一生働ける会社の条件とは

 働く女性にとって転機となるのが、結婚や出産です。仕事を一時的に休まなければなりませんので、その後のキャリアに大きな影響を与えます。職場によっては復帰後に閑職に追いやられるケースもありますので、ずっと同じようなペースで働けると考えていると痛い目を見ます。

 

 あらかじめ一時的に職を離れる予定のある人は、スムーズに復帰できる職場を探しておくことが大切です。その時になってから慌てても遅いので、計画的に転職をして環境づくりを行っておくことが重要です。特に妊娠してからでは転職することは難しいので、動くならその前です。

 

 結婚しても仕事を続けたい、妊娠出産を経て仕事に戻りたいと考えている場合には、制度の整った会社を見つけるようにします。確認しておきたいポイントとしては、制度面の他に女性がどれくらいいるかや育休を経て復帰した人材の扱いなどを確認しておくと安心です。

 

 いくら制度があっても前例のない会社は利用することが難しいので、実際には働きにくことがほとんどです。きちんとした制度が整っていて、なおかつそれを利用している人がいる、そのような会社を見つけることが先決であり、あとは実際に利用した人の声を聞いてみると確実です。

 

 

家と転職・・・住宅ローンは転職前?後?

 マイホームは借金してまで買うものではないというのが持論なのですが、それはおいといて。住宅ローンの審査は、審査する時点での収入をもとに審査が行われます。既に組んでしまった後に転職しても、返済さえ滞らなければ、金融機関は何も言ってきません。しかし、前職の収入から返済計画を立てているはずですから、その返済計画が転職後の収入に合っているかどうかは疑問です。

 

 場合によっては、金融機関に相談を持ちかけ返済計画を再検討することが必要になってきます。最悪は、家を売って一括返済ということもあり得ます。

 

 住宅ローンは転職の前か後かと問われれば、そもそも家と転職は、同時には無理とお答えします。どうしてもならば、収入が安定している現職のうちに組んでしまった方が有利だと思います。しかし、新しい仕事に就いてしばらくは収入が減少する危険性があります。そうなれば前述のとおり、返済計画の見直しが必要になってくるかもしれません。

 

 返済計画の見直しには、家を売って返済するということも視野に入ってきます。オールキャッシュで購入するなら問題ありませんが、借金を伴う家の購入と転職を同時期にするのは、あまりにもリスクが高いです。職業を変えて心機一転したいなら家の購入は先送り、家を買うなら今の仕事を続ける、どちらかの選択をお勧めします。

 

 

転職するなら資格が有利?

 転職希望先の担当者は、アナタの努力レベルを見ています。具体例は、「宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者)」です。合格率は、年度によって違いますが、「平均11〜14%」の合格率です。「高い合格率ではない国が証明しているライセンス」を取得するには、並大抵の努力では合格する事はできないのです。

 

 つまり、業務後のプライベート時間を自分への自己投資をする人と判断をしてくれます。ただ転職をしたいではなく、「自己投資」をできる人は、人事担当者は、雇った場合に、自社に必要な知識を得るために自己投資をする人と思ってくれるからです。

 

 学生時代に成績が優秀なのは、大切なことです。しかし会社が求めているのは、会社の業務内容に沿った努力をしてくれる人です。社会人になると業務後は、プライベート時間は「趣味」や「娯楽」に費やす人が多いです。しかし、自分へ投資をする人は、「自分の価値を少しでも上げる」ための努力をしています。

 

 この「自己投資=資格取得」が、目に見える社会人の通知表になります。これは職務経歴書に記載をされている実績は誤魔化す事ができます。それは人事担当者も真偽は判断が出来ない部分です。しかし国家資格は、取得した人しか記載できないことです。つまり「国がこの人は、努力した人」という保証書を付けてくれているのです。それは最大の強みです。

 

 

出来ると有利?英語と中国語

 各種資格を持っている事は、もちろん転職に有利になりますがこの時代は語学能力が最も強い武器になります。グローバル化が進んでいるとはいえ、まだビジネスレベルでの英語が出来る人材は多くありません。多くの企業は、海外との交渉には通訳を雇い通訳を通してビジネスをしているに過ぎません。

 

 しかし、根本的な業務内容を知らなければ、細かい部分は伝わらずビジネスチャンスを逃がしてしまう事も多々有ります。将来的に、英語が得意な社員を育成し直接交渉が出来るようにして行きたいと思っている経営陣も多い事でしょう。語学が出来ることは、転職にとても有利です。

 

 ここ数年経済成長を続けている中国を抜きにして、既にビジネスは語れなくなって来ています。しかし、中国語能力がある日本人は未だそんなに多くありません。今、どんな言語より中国語が出来る人材が求められているのが事実です。実際に書店などに行くと、教材の多さに驚く事になります。

 

 これから、取引先として増えていくであろう中国と交渉する際に必要不可欠なのがコミュニケーションを取る手段です。その最たる語学を習得しているのは、中国と取引のある企業に転職する大きなチャンスをつかむことになるでしょう。

 

 

ボーナス貰って転職、これってOK?

 ボーナスの支給時期に転職を考える人は多いようです。今までの実績に対して支給されるものですから、貰わないで辞めてしまうのはもったいないと考える人が多いようです。確かに実績対象の期間に働いていても、支給日に在籍していないと払われないことがほとんどですから、直前に辞めてしまうのはもったいない話です。

 

 次のところに移っても最初はほとんど支給されませんので、当てにしてローンを組んだりしている人は無くなると困ります。同じように考えている人が多いため、この時期になると転職活動、採用活動共に活発になります。

 

 ボーナスを貰ってから辞めようと考えている人でも、辞める時期に注意が必要です。辞めることを伝えてから少なくとも1カ月は在籍することになりますので、少し早めに申し出なければならないケースが多いようです。

 

 しかし、あまりにも早く伝え過ぎると評価に影響を与えてしまう恐れがあり、予定よりも支給される額が低くなることがあります。会社側も評価しているのが人間ですから、今後も頑張ってくれる人に良い評価を与えたいと思うはずです。これらのことを考えて、伝えるのを査定が決まった後にするという方法もあります。