転職面接:キャリアチェンジ編

MENU

転職面接:キャリアチェンジ編

転職面接:キャリアチェンジ編

 

転職面接でキャリアチェンジの理由を聞かれた場合

 

 転職活動中の面接では、色々なことを質問されるものですが、おさえておくと良いのが、キャリアチェンジに関する質問の返し方です。

 

 例えば、経験のある仕事をなぜ続けようと思わなかったのか、と聞かれた時に、飽きてしまった、合わないと思った、など短くて誤解を招くような返答の仕方をしてしまうのは良くありません。

 

 マイナスイメージを与えないような明確な理由を伝えると共に、前の仕事との関連性をみつけ、職が変わっても自分が磨いてきた能力を生かせることをアピールしていけると、印象が良くなっていくでしょう。

 

希望とは異なる部署への異動を命じられた場合

 

 キャリアチェンジを目的とした仕事選びの場合には、職にこだわりがあると思われて、異動に対応できるのか、と不安がられてしまうことがあります。入社してからスムーズに仕事をしていくためにも、マイナスの印象を与えるような答え方を避けることが大切です。

 

 例えば、希望以外の部署には異動できないと言いきってしまうことは、柔軟性がなく、自分のことしか考えていないと思われてしまいます。

 

 気持ちの上では希望する職種でやっていきたい、と言う積極的な姿勢を見せつつ、力がついてくれば他の職種で働くことは問題ない、と言った感じで、会社に迷惑をかけないようにしたいと言う前向きな気持ちを見せることがポイントです。

 

 

転職エージェント比較 口コミ評判が良いお勧め転職サイト>>

関連ページ

転職面接:序盤編
転職面接で序盤では面接官からどのような質問があるかについてご説明しています。面接官は、応募者がどのような志で志願しているかを確認します。
転職面接:中盤編
転職面接:中盤編では、転職面接で質問される事項についてピックアップしています。中盤編では、どのような質問があるのか、どのような事に人事担当者は興味があるのか等説明しています。
転職面接:終盤編
転職面接:終盤編ではいよいよ最終局面でやりとりされる面接についてお話しします。面接官は特に確認したい事、他の応募者との違いなどをチェックします。
転職面接:ベンチャー企業編
転職面接:ベンチャー企業編では、ベンチャー企業と他の企業との面接の違いについて解説しています。転職でベンチャー企業に応募しようとしている方はチェックしてみてください。
転職面接:異業種・未経験編
転職面接:異業種・未経験編では、転職する際、異業種や未経験分野で働きたいという方の為に面接での注意点について説明しています。