転職面接:ベンチャー企業編

MENU

転職面接:ベンチャー企業編

転職面接:ベンチャー企業編

 

どうして当社の事業に関心を持ちましたか?

 

 転職の際、面接では必ず志望動機を聞かれますが、ベンチャー企業の面接ではそれが特に重要視されます。予め企業のHPなどでその企業の「企業理念」は勿論、その企業の「独自性」のようなものを理解しておきましょう。

 

 HPなどに書いてあることをそのまま言うだけでなく、それを自分の転職の目的と照らし合わせることが重要です。まず、「自分は何をやりたいのか」ということを話したうえ、その企業でできることを話せるようにしておくことが重要です。 

 

 ベンチャー企業が関心を持っているのは「何故、大手ではなく自分の会社を志望するのか」ということです。そのことを理解したうえで、十分な調査をし、力強い志望動機を語りましょう。 

 

当社で貢献できることは何ですか?

 

 ベンチャー企業は即戦力を求めています。大手企業と違い、入社後の研修は十分でないことが多く、抽象的なアピールでは面接官に不安を抱かせてしまいます。

 

 逆に、大手企業のように職種を固定せず、様々な業務に対応することが求められるため、募集職種に直接関係のないことでも積極的にアピールしていくことが重要です。

 

 自分のキャリアの棚卸をしっかりとやりましょう。そのうえで、今までしてきた業務の中で得たこと、また、その実践の中で新たに関心を抱いたことを、企業の事業内容に沿って、具体的にアピールしましょう。 

 

 

転職エージェント比較 口コミ評判が良いお勧め転職サイト>>

関連ページ

転職面接:序盤編
転職面接で序盤では面接官からどのような質問があるかについてご説明しています。面接官は、応募者がどのような志で志願しているかを確認します。
転職面接:中盤編
転職面接:中盤編では、転職面接で質問される事項についてピックアップしています。中盤編では、どのような質問があるのか、どのような事に人事担当者は興味があるのか等説明しています。
転職面接:終盤編
転職面接:終盤編ではいよいよ最終局面でやりとりされる面接についてお話しします。面接官は特に確認したい事、他の応募者との違いなどをチェックします。
転職面接:異業種・未経験編
転職面接:異業種・未経験編では、転職する際、異業種や未経験分野で働きたいという方の為に面接での注意点について説明しています。
転職面接:キャリアチェンジ編
転職面接:キャリアチェンジ編では、ある程度社会で経験を積んだ後、それらの経験を踏まえた上で違うキャリアに挑戦したいという方の為の面接についてお話しします。