人事担当者は応募書類のどこをチェック?

MENU

人事担当者は応募書類のどこをチェック?

人事担当者は応募書類のどこをチェック?

 

転職活動で求人に応募する時の書類内容にブランク期間がある場合

 

 転職活動で求人に応募する際に、まずは書類選考からという企業はよくありますが、届いた応募書類の選び方というのは企業によって結構異なるものです。

 

 例えば、履歴書や職務経歴書を確認してブランク期間が長い場合がある方もいらっしゃると思います。この場合、人事担当者は一体何故?と気になってしまうものです。何故それだけ期間が空いているのか理由を明確に記述する必要があります。

 

 また、書類審査を通過した後の面接時でも、口頭できちんとした説明ができるように準備をしておいた方が良いでしょう。

 

一つの業務で長期間の経験がある人はアピールの仕方を工夫

 

 書類選考を行う企業の中には、結構厳しくチェックしている企業もあり、ここでかなりの応募者が面接に進めず終わってしまうこともあります。例えば、転職回数の多さは気になるところですが、退職理由というのも気になる部分で、不満があって辞めたような人は人材として魅力的には映りません。

 

 また、一つの業務で長期の経験がある人は、アピールポイントとして良い武器になる部分ですので、単に年数を記入して終わりにするのではなく、どういった業務を行い、どのような結果を出せたのか、そしてその上での自分の考えなどを記述しておくと人事担当者に良い印象を与えることができます。

 

 

転職エージェント比較 口コミ評判が良いお勧め転職サイト>>

関連ページ

人事担当者が嫌うNG志望動機
人事担当者が嫌うNG志望動機についてまとめています。志望動機は何故あなたはこの会社を選ぶのかという人事担当者が一番初めに確認したい事項となります。中身がなく、とりあえず志望動機を書いているということのないようにしましょう。
面接で合否を分けるもの
書類審査が合格すると、次は面接に移りますが、面接で合否を分けるものについてご存知でしょうか。人事担当者は面接時にどのような部分をチェックしているのか確認しておきましょう。
内定後に言ってはいけないこと
書類審査も通過し、面接にも無事合格となれば、内定が決定する運びになります。但し、内定後に言ってはいけないことがあることをご存知でしょうか。