内定後に言ってはいけないこと

MENU

内定後に言ってはいけないこと

内定後に言ってはいけないこと

 

転職活動の給与交渉とは

 

 新卒での就職活動では、給与交渉は行わない事が殆どです。なぜなら、会社によって初任給の規定が決まっているからです。しかし、転職活動では交渉を行う事になります。また、注意が必要なのは待遇は給与面だけではないという事です。

 

 福利厚生制度や人事制度など総合的に見る必要があります。内定の前の内内定の段階で給料についての話し合いが行われる事が多いでしょう。双方、合意の下でどれぐらいの給料になるか決まります。

 

 個人的に行う方もいますが、転職エージェントを通している場合はエージェントの担当者が間に入ってくれるケースもあります。

 

内定後に給料について駄目だしをするのは

 

 正式に内定が出るのは、待遇面で双方が合意したという事です。その後に給料面での駄目だしをするのはマナー違反です。納得行かない場合は、内内定の段階で交渉しておいたほうが良いでしょう。

 

 しかし、競合他社からもっと良い条件で内定を貰った場合には、その事によって給与交渉が可能な場合もあります。これは、その分野でかなり優れた人物である場合に限られるでしょう。

 

 直接交渉するよりも、転職エージェントの担当者を通したほうが話がスムーズに進む場合もありますので、相談してみると良いでしょう。エージェントは人事担当者とのつながりが深く、採用担当者の性格を知っているケースもありますので積極的に利用すると良いでしょう。

 

 

転職エージェント比較 口コミ評判が良いお勧め転職サイト>>

関連ページ

人事担当者は応募書類のどこをチェック?
人事担当者は応募書類のどこをチェックしているのでしょうか。応募者はこれを理解して応募書類を作成するのと、何も知らず単に作成するのとでは、採用合格を勝ち取る上で全然違った結果になります。
人事担当者が嫌うNG志望動機
人事担当者が嫌うNG志望動機についてまとめています。志望動機は何故あなたはこの会社を選ぶのかという人事担当者が一番初めに確認したい事項となります。中身がなく、とりあえず志望動機を書いているということのないようにしましょう。
面接で合否を分けるもの
書類審査が合格すると、次は面接に移りますが、面接で合否を分けるものについてご存知でしょうか。人事担当者は面接時にどのような部分をチェックしているのか確認しておきましょう。