内定への返事保留は可能?

MENU

内定への返事保留は可能?

内定への返事保留は可能?

 

転職の際の内定通知に対する返事の保留期間

 

 転職の際に面接に行き、見事内定をもらうことができた場合には嬉しいものですか、複数の企業に応募をしていた場合に、必ずしも最初に第一希望の企業から内定通知がくるとは限りません。

 

 この場合、第一希望の企業からの返答を待ちたいところですが、返事の保留自体は問題なくても、無期限で待ってもらえるようなものではありません。保留の意思を伝え、具体的な日数としては、2日、3日程度であれば特に問題はないでしょう。

 

 しかし、その期間内に第一希望の企業から連絡がくるとは限りませんので、もう少し長く見ておきたいところですが、最長でも1週間ぐらいが限度と考えておいた方が良いでしょう。

 

保留の意思の伝え方に注意

 

 返事を待ってもらうこと自体は問題ないとしても、返答の仕方によっては身勝手に思われてしまったりすることがありますから、十分注意が必要です。例えば、第一希望の企業からの連絡を待ちたいと答えるのはストレートすぎですから、避けるべきです。

 

 ですから、家族にもよく話をきいてもらい、自分だけでなく家族の理解も得た上で決定したいので少し待ってもらいたい、というような伝え方をします。

 

 転職というのは、人生の中で大切なターニングポイントとなる場面ですから、こういった行動は失礼にはあたらないでしょうし、実際よく話し合って決めるのは大切なことですから良い返し方だといえます。

 

 

転職エージェント比較 口コミ評判が良いお勧め転職サイト>>

関連ページ

気になる待遇や条件求人情報用語を正しく理解しよう
転職活動をしていると分からない用語などが出てくると思います。気になる待遇や条件、求人情報用語を正しく理解し自身の転職活動に活かしましょう。
面接後に一歩抜け出す!お礼の礼儀
面接後に一歩抜け出すお礼の礼儀についてお話しします。お礼ひとつとっても、そのやり方を知っている方と知らない方では歴然と人事担当者の印象が違ってきます。お礼の礼儀を身に着け優位に転職活動を進めましょう。
内定辞退は誠実に
企業の試験を突破し見事内定通知を受けた場合、他社への入社希望などでやむを得ず内定辞退をしたいという場面も出てくると思います。その際は、誠実な対応を心掛けるようにしましょう。
辞めずにコツコツ!転職活動のメリットデメリット
転職活動をする場合、今の会社を辞めずにコツコツと転職活動をする方法があります。ここでは、この転職活動の方法のメリット、デメリットについて説明いたします。
募集条件を満たしていない場合応募はNG?
募集条件を満たしていない場合応募はNGですか?という疑問を持たれている方は非常に多いです。ですがこれは多少募集条件から外れていたとしても応募は受け付けてくれる企業はあります。
意外な落とし穴!転職すると社内融資やローン・財形はどうなる?
意外な落とし穴!転職すると社内融資やローン・財形はどうなる?とお思いの方も多くいらっしゃいます。そこで転職した場合の社内融資やローン、財形について詳しく解説したいと思います。