内定辞退は誠実に

MENU

内定辞退は誠実に

内定辞退は誠実に

 

転職で内定辞退をする時の方法に気を付ける

 

 転職活動をして、内定をもらえると言うことは、とても嬉しいことですが、複数の企業に応募していて、第一希望の所に採用された場合には、当然他の企業から内定通知がきたとしても断らなければなりません。

 

 問題はこの時の断り方で、いい加減な方法で内定を辞退すると相手にとって失礼になりますから、伝える際には十分注意が必要です。まず、伝える時の手段ですが、できれば電話ですることが大切です。

 

 メールの場合には、一方的な物言いになってしまい、嫌な思いをさせてしまう恐れがありますし、見落としてしまうこともありますから、確実性に欠けます。

 

内定辞退をする時の言い方

 

 内定を辞退する際には、言い方に気を付ける必要があります。先方は、貴重な時間を割いて面接を行ってくれたわけですから、辞退します、の一言で済ませたり、内定をもらった他の企業の方がメリットがあるので、などと言ったりしては、相手に失礼です。

 

 辞退する企業ですから、これから働くことになるわけではありませんが、だからと言って適当に伝えるようなことは良くありません。

 

 まずは内定をもらえたことに対する感謝の気持ちを伝え、その後に、人生の中でとても大切なことなのでよく考えたが、色々な事情との関係もあって辞退を決断した、と言った伝え方をします。

 

 内定に応えることができず、迷惑をかけてしまったことに対する誤りの気持ちを伝えるようにします。

 

 

転職エージェント比較 口コミ評判が良いお勧め転職サイト>>

関連ページ

気になる待遇や条件求人情報用語を正しく理解しよう
転職活動をしていると分からない用語などが出てくると思います。気になる待遇や条件、求人情報用語を正しく理解し自身の転職活動に活かしましょう。
面接後に一歩抜け出す!お礼の礼儀
面接後に一歩抜け出すお礼の礼儀についてお話しします。お礼ひとつとっても、そのやり方を知っている方と知らない方では歴然と人事担当者の印象が違ってきます。お礼の礼儀を身に着け優位に転職活動を進めましょう。
内定への返事保留は可能?
内定への返事保留は可能?といったご質問をいただく場合があります。他社も応募している状況で内定した場合、どのように対応すればよいかを説明いたします。
辞めずにコツコツ!転職活動のメリットデメリット
転職活動をする場合、今の会社を辞めずにコツコツと転職活動をする方法があります。ここでは、この転職活動の方法のメリット、デメリットについて説明いたします。
募集条件を満たしていない場合応募はNG?
募集条件を満たしていない場合応募はNGですか?という疑問を持たれている方は非常に多いです。ですがこれは多少募集条件から外れていたとしても応募は受け付けてくれる企業はあります。
意外な落とし穴!転職すると社内融資やローン・財形はどうなる?
意外な落とし穴!転職すると社内融資やローン・財形はどうなる?とお思いの方も多くいらっしゃいます。そこで転職した場合の社内融資やローン、財形について詳しく解説したいと思います。