募集条件を満たしていない場合応募はNG?

MENU

募集条件を満たしていない場合応募はNG?

募集条件を満たしていない場合応募はNG?

 

直接確認してみることが大切

 

 企業の求人の中には、ある一部の資格を持っている人のみを対象としている求人などがあります。医師や弁護士と言った専門的な資格ならまだしも、簿記やパソコン検定などを応募の条件としている場合には、仮にその資格を持っていなかったとしても諦める必要はないです。

 

 企業が該当する資格を条件としている意図として、本当にその資格などが必要な場合もありますが「即戦力を希望する」と言う意味で、「持っていたら安心できそう」といった意味合いの強いものになります。

 

 つまり、資格を持っていなくともそれに匹敵するスキルさえあれば問題なく応募することが出来ます。転職活動の幅を狭めないよう、ある程度広い認識で捉えるようにしてください。

 

「熱意、やる気」で対処できることもある

 

 目安として設定する場合が多いとはいえ、中には本当に限定された人材を募集したいと思っている場合もあります。

 

 そのような求人であれば、募集要項を満たしていない人からの応募自体を受け付けづらい状況にある可能性もありますが、だからと言って「絶対に無理」という訳ではないので安心してください。

 

 「どうしても働きたい」といった熱意や意欲、やる気などをアピールすることで、仮に期待度は低くとも受け付けてくれる可能性はあります。転職活動を成功させるためには、まずは「諦めずにチャレンジしてみる」ことが道を切り開く上で非常に重要です。

 

 

転職エージェント比較 口コミ評判が良いお勧め転職サイト>>

関連ページ

気になる待遇や条件求人情報用語を正しく理解しよう
転職活動をしていると分からない用語などが出てくると思います。気になる待遇や条件、求人情報用語を正しく理解し自身の転職活動に活かしましょう。
面接後に一歩抜け出す!お礼の礼儀
面接後に一歩抜け出すお礼の礼儀についてお話しします。お礼ひとつとっても、そのやり方を知っている方と知らない方では歴然と人事担当者の印象が違ってきます。お礼の礼儀を身に着け優位に転職活動を進めましょう。
内定への返事保留は可能?
内定への返事保留は可能?といったご質問をいただく場合があります。他社も応募している状況で内定した場合、どのように対応すればよいかを説明いたします。
内定辞退は誠実に
企業の試験を突破し見事内定通知を受けた場合、他社への入社希望などでやむを得ず内定辞退をしたいという場面も出てくると思います。その際は、誠実な対応を心掛けるようにしましょう。
辞めずにコツコツ!転職活動のメリットデメリット
転職活動をする場合、今の会社を辞めずにコツコツと転職活動をする方法があります。ここでは、この転職活動の方法のメリット、デメリットについて説明いたします。
意外な落とし穴!転職すると社内融資やローン・財形はどうなる?
意外な落とし穴!転職すると社内融資やローン・財形はどうなる?とお思いの方も多くいらっしゃいます。そこで転職した場合の社内融資やローン、財形について詳しく解説したいと思います。