心をつかむ自己紹介のコツ

MENU

心をつかむ自己紹介のコツ

心をつかむ自己紹介のコツ

 

面接官の心に残る自己紹介

 

 自己紹介を考える際に、模範解答のようなアピールをしてしまう人がいます。正しい表現をしていても借りてきた言葉では相手には伝わりませんので、自分なりの言葉で何をアピールしたいのかを考える必要があります。

 

 たとえ言葉は不器用でも、一生懸命考えてきたことなら心に響くものです。転職時には、その人が何を考えてその会社を志望しているのかを知りたいと考えていますので、採用試験を受けるに至ったきっかけや、その会社について魅力に感じたことを織り交ぜながらアピールを行うと、とても効果的な自己紹介をすることができます。

 

 

質問ばかりの面接で逆質問

 

 面接では、採用担当者から多くの質問をされます。その際に、逆質問をすることでインパクトが強くなります。ただし、単に質問されたことを返すのではなく、その流れを踏まえて自分なりの考えを伝えた後に逆質問をすることが大切です。

 

 自分がどのように感じてどのように考えているのかを伝えなければ、質問に答えていないことになります。転職にはしばしばこのような手法が用いられます。

 

 効果的に利用することができれば良いアピールになりますが、受け答えに自信がない人は、まずはしっかりとした会話ができるように心がけなければなりません。

 

 

転職エージェント比較 口コミ評判が良いお勧め転職サイト>>

関連ページ

履歴書の書き方
履歴書の書き方では、会社の人事の方に注目される履歴書の記載方法や履歴書審査の合格に近づく為のノウハウを提供しています。
職務経歴書の書き方
職務経歴書の書き方は転職を希望する方にとって非常に重要です。職務経歴書の作成の仕方一つで人事担当者に映る印象は全く異なるものになります。
メールの書き方
転職や就職しようとする方でまず大切になるのは、応募の際のメールの書き方です。このメールの書き方をおろそかにしてしまうと企業の印象が悪くなりメールだけで不採用となる場合があります。応募の際のメールの書き方のルールを守って応募するようにしましょう。
面接での身だしなみ
面接での身だしなみについて解説いたします。面接は企業に応募する方と企業の人事担当者が直接会う場となります。人事担当者に良い印象を持たれるように身だしなみに気をつけましょう。
退職理由はポジティブに
転職する方は必ずといっていい程、以前勤めていた会社の退職理由を聞かれます。その際、退職理由がネガティブなものは面接官にあまり良い印象となりません。退職理由はポジティブに回答するようにしましょう。
筆記試験対策
筆記試験対策としてまず考えなければいけないのはどのような問題が出題されるか事前に調べておくということです。