筆記試験対策

MENU

筆記試験対策

筆記試験対策

 

転職活動の筆記試験対策

 

 転職活動では、履歴書や職務経歴書を提出して、その後面接試験に受かれば採用という流れも多いのですが、中には筆記試験を実施する会社もあります。

 

 準備をする場合は、一般的な内容のテキストで知識を詰め込んだり、時事関連の情報を収集するようにします。ある程度の適性が必要なケースでは、適性試験が行われるケースもあります。

 

 適性試験は文字通り、その仕事に合っているかを調べるためのものですので、勉強をしなくても通過できる場合もありますが、心配な場合にはその仕事向けの適性試験対策のテキストに目を通しておくと安心です。

 

 

業界によっても出される問題は異なる

 

 実は業界によっても出題される問題の傾向は異なります。自社で扱っているものに関連した問題を出すことも多いので、一般常識として押さえておかなければなりません。

 

 その会社の方面に関したことをあらかじめ勉強しておけば、本当に入社したいと考えていることをアピールできますので熱意が伝わります。

 

 同じ筆記試験でもごく一般的な内容が出される場合と、その業界の独特の出題傾向がある場合がありますので、できれば過去にどのような問題が出題されているのかを調べておくことが大切です。過去問を知ることは最強の対策になります。

 

 

転職エージェント比較 口コミ評判が良いお勧め転職サイト>>

関連ページ

履歴書の書き方
履歴書の書き方では、会社の人事の方に注目される履歴書の記載方法や履歴書審査の合格に近づく為のノウハウを提供しています。
職務経歴書の書き方
職務経歴書の書き方は転職を希望する方にとって非常に重要です。職務経歴書の作成の仕方一つで人事担当者に映る印象は全く異なるものになります。
メールの書き方
転職や就職しようとする方でまず大切になるのは、応募の際のメールの書き方です。このメールの書き方をおろそかにしてしまうと企業の印象が悪くなりメールだけで不採用となる場合があります。応募の際のメールの書き方のルールを守って応募するようにしましょう。
面接での身だしなみ
面接での身だしなみについて解説いたします。面接は企業に応募する方と企業の人事担当者が直接会う場となります。人事担当者に良い印象を持たれるように身だしなみに気をつけましょう。
心をつかむ自己紹介のコツ
心をつかむ自己紹介のコツについてお話しします。履歴書でも面接でも単純な自己紹介の仕方と相手の心をつかむ自己紹介のやり方があります。就職や転職では心をつかむ自己紹介をすることで人事担当者の印象が良くなります。
退職理由はポジティブに
転職する方は必ずといっていい程、以前勤めていた会社の退職理由を聞かれます。その際、退職理由がネガティブなものは面接官にあまり良い印象となりません。退職理由はポジティブに回答するようにしましょう。