職務経歴書の書き方

MENU

職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方

 

転職を成功させるには職務経歴書の書き方をマスター

 

 転職を成功させたいなら、職務経歴書の上手な書き方を覚えておかなければなりません。過去の業務経験やスキル、知識などをアピールできる絶好の機会ですから、印象に残る書類を作成したいものです。

 

 この手の書類で大事なのは、読み手のことを考えながら理路整然とまとめることです。長々とした文章や回りくどい文章はNGであり、簡潔な言葉で伝えるように心がけます。

 

 手書きで作成する場合には誤字脱字があると印象が悪くなりますので、何度も読み直してチェックをすることが大切です。採用担当者は一度にたくさんの書類に目を通しますので、読みづらい文章はいけません。

 

 

具体的な書き方について

 

 具体的には、業務ごと、あるいは時系列に項目分けをして、その項目ごとに見出しをつけておくと瞬時に内容を把握することができます。過去に携わった業務については、実績も一緒に記載しておくと効果的です。

 

 自己PRの欄が設けられていることがありますが、ここにはもっとも強みとなる部分を強調して記載します。いくつかの項目のうち、その転職先に必要と思われる実績を書くのも有効です。

 

 この自己PRを読めば大体の過去の職務経験が分かるように、まとまった文章にすることが大切です。適度に改行を入れ、インデントにも工夫をします。

 

 

転職エージェント比較 口コミ評判が良いお勧め転職サイト>>

関連ページ

履歴書の書き方
履歴書の書き方では、会社の人事の方に注目される履歴書の記載方法や履歴書審査の合格に近づく為のノウハウを提供しています。
メールの書き方
転職や就職しようとする方でまず大切になるのは、応募の際のメールの書き方です。このメールの書き方をおろそかにしてしまうと企業の印象が悪くなりメールだけで不採用となる場合があります。応募の際のメールの書き方のルールを守って応募するようにしましょう。
面接での身だしなみ
面接での身だしなみについて解説いたします。面接は企業に応募する方と企業の人事担当者が直接会う場となります。人事担当者に良い印象を持たれるように身だしなみに気をつけましょう。
心をつかむ自己紹介のコツ
心をつかむ自己紹介のコツについてお話しします。履歴書でも面接でも単純な自己紹介の仕方と相手の心をつかむ自己紹介のやり方があります。就職や転職では心をつかむ自己紹介をすることで人事担当者の印象が良くなります。
退職理由はポジティブに
転職する方は必ずといっていい程、以前勤めていた会社の退職理由を聞かれます。その際、退職理由がネガティブなものは面接官にあまり良い印象となりません。退職理由はポジティブに回答するようにしましょう。
筆記試験対策
筆記試験対策としてまず考えなければいけないのはどのような問題が出題されるか事前に調べておくということです。