退職理由はポジティブに

MENU

退職理由はポジティブに

退職理由はポジティブに

 

退職理由はとても大事

 

 転職を成功させるかどうかはは退職理由にあると言っても過言ではありません。もしもその理由があまりにも自分本位なものですと面接先の会社もまたすぐに辞められてしまうのではと不安を感じてしまいます。ですのでできるだけ前向きな理由で前の会社を辞めたということにしてください。

 

 実際にはポジティブな理由で会社をやめる人はあまりいませんが、嘘のない範囲で前向きに理由を変換するのがいいでしょう。良くマニュアルなどではキャリアアップしたいからと言う理由で辞めたという方がいますが、これは逆に自分がキャリアップしたら会社を辞められてしまうのではという不安を与えてしまうのでよくありません。

 

 

具体的な退職理由について

 

 それでは具体的にどのような理由にすればいいのでしょうか。もしも前の会社の労働条件が悪い場合には、よりよい条件のところに就職してモチベーションアップしたいと伝えるようにしましょう。

 

 また人間関係が原因の場合は、チーム一丸となって一つの目標を達成する貴社のやり方に共感を持ったという雰囲気のことを伝えるようにしてください。絶対に前の会社の悪口は言ってはいけません。

 

 悪口を言うような人間はどこの会社でも雇おうとは思わないでしょう。転職の時はあまり建前だけを言うのではなく自分の本当の考えを出来るだけ伝えることが大事です。

 

 

転職エージェント比較 口コミ評判が良いお勧め転職サイト>>

関連ページ

履歴書の書き方
履歴書の書き方では、会社の人事の方に注目される履歴書の記載方法や履歴書審査の合格に近づく為のノウハウを提供しています。
職務経歴書の書き方
職務経歴書の書き方は転職を希望する方にとって非常に重要です。職務経歴書の作成の仕方一つで人事担当者に映る印象は全く異なるものになります。
メールの書き方
転職や就職しようとする方でまず大切になるのは、応募の際のメールの書き方です。このメールの書き方をおろそかにしてしまうと企業の印象が悪くなりメールだけで不採用となる場合があります。応募の際のメールの書き方のルールを守って応募するようにしましょう。
面接での身だしなみ
面接での身だしなみについて解説いたします。面接は企業に応募する方と企業の人事担当者が直接会う場となります。人事担当者に良い印象を持たれるように身だしなみに気をつけましょう。
心をつかむ自己紹介のコツ
心をつかむ自己紹介のコツについてお話しします。履歴書でも面接でも単純な自己紹介の仕方と相手の心をつかむ自己紹介のやり方があります。就職や転職では心をつかむ自己紹介をすることで人事担当者の印象が良くなります。
筆記試験対策
筆記試験対策としてまず考えなければいけないのはどのような問題が出題されるか事前に調べておくということです。